合格体験記(らいきさん)

(令和元年度合格者・受験回数1回)

 

●自己紹介
法学部に在籍している私立大学4年生です。
高校時代は国立大学を目指して入試勉強していましたが、見事に撃沈。
いわゆるエリートではありません(笑)

大学受験に失敗したこともあり、その頃の私はとにかく自分に自信がなく、コンプレックス解消のために資格試験にチャレンジし始めました。(今思えば、この頃の自分は一体何をしているのだろうと感じます笑)
大学1年生(H31)のときに宅建士試験に合格し、その流れで行政書士試験の合格を目指すことになりました。

※勉強スタイルは完全独学です。
勉強期間:1月〜11月上旬(約11ヶ月)
勉強時間:約1000時間

●やってはいけない勉強法 2つ
:警告:ノートやWordなどへのまとめ作業は原則不要です。特に忙しい社会人受験生さんは、まとめ作業は時間が本当にかかってしまうので極力控えてほしいです。←私もこれをやっていた時期があり、本当に後悔しています。
:警告:学習初期の理解していない段階ではテキストや問題集にマーカーを引かないように。(宅建士試験受験時代に後悔した勉強法で、直前期にテキストや問題集を見返すと、全く重要でない部分に引いちゃったりしてして、何がなんだか分からなくなります:たらり:
学習初期でのマーカーペンは悪魔の道具だと思っています:笑うデビル:

●勉強法について
<<1月〜2月 基本テキストを2回読む>>
・1月→まずは”合格革命基本テキスト”をamazonで購入しました。
まるまる1ヶ月かけて、分からないなりにも基本テキストをサッと一読しました。

・2月→1月同様にまるまる1ヶ月かけて”合格革命基本テキスト”をじっくりと読みました(2周目)。暗記するのではなく、あくまでも理解することに重点を置き、難解な判例等はインターネット検索を駆使して、自分なりに分かりやすく読解したりしていました。

<<3月〜6月 試験問題を解いてみる>>
・3月→”合格革命シリーズの基本問題集”を購入し、それを用いて問題を解いていました。とりわけ暗記作業等はせず、問題慣れすることに重点を置いた学習をしました。この問題集は2周やりました。
※合格革命基本問題集は4月以降は一切やっていません。

・4月〜6月→LEC出版の”出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集 【過去10年分】 “の法令編と一般知識編を購入し、それをひたすら解いていました。4〜6月までの3ヶ月間でだいたい4周程度です。
答え合わせの際はその問題のみならず、各選択肢にも○や×をつけました。自信を持って正答できた選択肢には○、自信を持てなかったものや単純に分からなかった選択肢には×を記しておきました。

<<7月〜8月 佐藤先生の動画発見!肢別問題集開始!>>
・7月→出る順は一旦休止し、”肢別過去問題集”に着手しました。肢別過去問題集と同時に”ケータイ行政書士六法”も購入し、肢別問題集を解く際にはケータイ行政書士六法を常にその隣に置き、逐一条文を確認しました。
7/31時点で、肢別過去問題集は1周目終了です。

・8月→引き続きケータイ行政書士六法を使いながら、肢別過去問題集(2周目)をやっていました。
さらに、暇な時には
“みんなが欲しかった!行政書士の40字記述式問題集”をやっていました。この問題集の問題や答えは暗記する必要は一切ありませんが、記述式問題に少しでも慣れるために、空き時間を有効活用して勉強しておくことをオススメします。

<<9月〜10月3週目まで 本腰を入れて暗記作業>>
いよいよ直前期ということで、1週間に1周させるペースで肢別問題集をやっていました。
また、同時に空き時間には”佐藤先生の動画“や”合格革命行政書士一問一答式出るとこ千問ノック”、”ケータイ行政書士 一般知識”を使って、記述式対策と一般知識の対策を行いました。
ちなみに、ここでマーカーペンが初登場します。佐藤先生の動画で紹介された記述式の論点を基に、ケータイ行政書士六法に重要っぽい条文にマーカーを引きます。

<<10月4週目〜本試験まで>>
・肢別問題集でよく間違えた問題
・出る順10年過去問題集
・千問ノック
・ケータイ一般知識問題集
・憲法条文暗記
・マーカー引いた条文の暗記

上記を時間の許す限り何回もやりました。
なお、模試はこの時期に、”出る順行政書士当たる!直前予想模試”を購入し、その1冊のみを1周だけやりました。3回の試験とも合格基準点はオーバーしていたので、安心して本試験に臨むことができました。

というわけで、ザッと記録をまとめるとこんな感じです。
・肢別問題集 10周
・合格革命基本問題集 2周
・千問ノック 5周
・ケータイ一般知識問題集 5周
・Lec 出る順過去10年問題集 5周
・文章理解対策→特にせず。
・みんなが欲しかった!行政書士の40字記述式問題集→2周

●まとめ
佐藤先生の動画を発見してからは、佐藤先生がされていた勉強法を見様見真似でやっていました。
佐藤先生を信じて、最後までついていけば必ず合格できると思います。
試験勉強は長くて辛く、時には挫けそうになることがあるかもしれません。
しかし、最後まで諦めなれけばきっと合格は見えてきます。
行政書士という資格は、人生を変えてくれる側面を有していると私は思っています。
私は試験に合格することができて、ちょっぴり自分に自信を持てるようになった気がしています(笑)
合格を勝ち取っちゃいましょう!

将来、合格した皆様と一緒にお仕事できる日を心より楽しみにしています。
皆様、がんばりき:馬:です!