民法5.(契約)

契約とは、複数の相対する当事者が、互いに意思を表示しあい、これらの意思表示を合致させることにより、一定の事項について拘束力をもつ共同の取り決めをする行為のことです。
「契約自由の原則」により、各個人はその意志に基づいて自由に契約を締結することができますが、信義則上の義務を負います。

行政書士の業務のひとつに契約書などの書類作成業務がありますので、それも意識しつつ学習すると理解しやすいでしょう。

項目別に動画をまとめています。
動画タイトルの後ろの番号は、過去問番号です。(例:H30-19-5 →平成30年問19肢5)

契約総論

2020.10.14UP
民法改正点 定型約款とは何?

2020.4.10UP
債務不履行と損害賠償(記述)
(H25-31-ア,H21-30-イ)
肢別22:P718①,720⑤

2020.2.17UP
民法改正に絡む質問 契約の解除
(H25-31-ア)
肢別22:P720⑤

2020.1.8UP
論点 同時履行の抗弁権

2021.9.20UP
記述 敷金論点まとめ

権利移転型契約

2019.6.9UP
書面によらない贈与の撤回(記述

2020.5.30UP
改正点 契約不適合の論点(旧瑕疵担保責任)民法562条、563条、564条、565条、566条

賃借型契約

2020.10.4UP
消費貸借契約の新論点 書面による消費貸借 民法587条の2



2020.1.25UP
敷金返還義務
(H24-33-2)
肢別22:P748㉕

2019.9.16UP
賃借権(記述)(R1-32-イ,R1-32-エ,H18-33-ウ )
肢別22:P746 ⑰⑱

2020.6.26UP
民法改正点 第605条の2 賃貸人たる地位の移転(記述)

2020.5.19UP
転借権と履行不能
(H10-30-2,R2-23-3他多数)
肢別22:P742⑬

2019.6.19
敷金どうなる?最判昭53.12.22(記述)

2019.10.15UP
賃貸借と転貸 転借人の対抗要件(記述)

2019.6.26UP
賃貸借契約の終了と第三者の関係(記述)

2021.6.21UP
賃借権と妨害排除請求(H29-31-4)
肢別22:P740④

役務提供型契約

2020.8.24UP
寄託契約と善管注意義務の論点すべて
(H24-32-5,H21-32-オ,H5-30-5)
肢別22:P754~7
56

2022.3UP
委任契約の解除 H23年問32-4の意味がわからん 肢別P758(LEC402)の解説   S56.1.19判例

肢別22:P758
LEC22:P402

組合契約

和解