民法2.(物権総論)

物権総論

物権とは物を直接的・排他的に支配する権利のことです。
「物権法定主義」という原則があり、新しい物権の種類を作ることと、物権の法定された内容を変更することは認められないとされています。(ただし物権の種類には、慣習法上認められているものもあります。)
民法上の物権は全部で11種類。メリハリをつけた学習が大切です。

項目別に動画をまとめています。
動画タイトルの後ろの番号は、本試験過去問番号です。(例:H30-19-5 →平成30年問19肢5)

物権総論

2020.08.20UP
占有回収論点は結構あぶない
(H19-29-3)
肢別22:P586⑩(即時取得)

2019.12.3UP
物権って何?債権って何?
初学者向け
肢別22:P5
72

2020.3.24UP
取得時効と登記(記述)
(H17-25-3)
肢別22:P578⑳㉑

2020.3.17UP
遺贈と相続の違い 相続させる旨の遺言の問題 民法改正点
(H17-25-5,OR)
肢別22:P574⑩,P578⑲

2022.2.25UP
物件変動と時効 肢別P580(LECP218)が理解できん! 平成18年1月17日判例を理解する

肢別22:P580
LEC22:P218

占有権

2020.08.20UP
占有回収論点は結構あぶない 
(H29-31-3)

2020.3.28UP
即時取得と占有改定 勘違いしやすい箇所 (H19-29-3)
肢別22:P586⑧~⑪

2019.6.18UP
193条と200条の紛らわしい例題実際に解いてみる (H19-29-3,4)
肢別22:P586⑩⑪

2019.9.16UP
占有回収(記述)
(H19-29-3,H14-28-3)
肢別22:P586⑩,590⑩

2019.12.18UP
即時取得、占有改定、指図による占有の移転、無権代理などの複合論点
肢別22:P588①~⑩,592~5
96

2019.6.17UP
皆が勘違いしやすい 占有回収? 即時取得時の占有回復?
(S62-36-4,H29-31-3)
肢別22:P586⑨,590⑨

2019.7.14UP
指図による占有権移転(記述)

2021.9.5UP
記述 盗まれた物を取り返す 占有回収と盗品の回復 どっち?

所有権

2019.12.3UP
所有権に基づく妨害排除請求
(H28-29-ア)
肢別22:P598④

2019.9.16UP
共有(記述)
(H28-29-ア,OR,H3-28-2)
肢別22:P598④⑦⑧

2019.5.29UP
共有(記述)

用益物権

2020.7.8UP
通行地役権の取得時効 民法第283条(記述) (H29-29-オ)
肢別22:P602③

2019.5.29
地上権について(記述)

2021.2.25UP
地役権と取得・消滅時効の論点
肢別22:P
602

2019.5.31UP
地役権の取得時効(記述)