第三者ってそもそも何?

【参考】肢別20:P502⑥


H20-27-オ
Aが自己の所有する甲土地をBと通謀してBに売却(仮装売買)した場合、Bの一般債権者FがA・B間の仮装売買について善意のときは、Aは、Fに対して、Fの甲土地に対する差押えの前であっても、A・B間の売買の無効を対抗することができない。→×



【質問】

こんばんは、今日もお願いします。
こちらの、答が×に、なるのは、理解できます。
しかし、解説の理解に苦戦しております。

(注:解答部分の解説)青字部分になりますが、ここの、
(差し押さえていない一般債権者は)第三者に当たらないから、×というのが。よくわかりません。
第三者にあたるから、×です、と言われても
納得してしまいます。 
 
要するに、第三者が、何かをよく理解できておりません。
大変申し訳ないですか、どなたか教えて下さい。



【回答者1】

差し押さえした一般債権者は
新たに法律関係者に入ったものではないからです。


【質問者】

回答者1様、
どうもありがとうございます。m(_ _)m


【回答者2】

こんばんは
私もなかなか定着しなかったのですが、
ここへきて過去問を解きながら
第三者かどうかを考えて解くようにしました。

そうすると解説は必ずと言ってよいほど
〇〇は第三者に当たらないから、
〇〇は第三者だからと解説に書かれています。

質問者様も過去問を解かれながら
第三者に当たるかどうかを考慮なさることをお勧め致します。

念の為、お節介ですが。


第三者にあたる例
① 譲受人
② 差押権者
③ 賃借人
④ 共有者
⑤ 背信的悪意者からの転得者
⑥強制執行における買受人 

「第三者」にあたらない例
① 無権利者
② 不法行為者・不法占拠者
③ 背信的悪意者
④ 所有権が輾転移転した場合の前主
⑤差押えていない債権者


回答者1様の回答は
「差し押さえた」を「差押えていない」に読み替えて下さい。
弘法も筆の誤りです。


【質問者】

ありがとうございます、
こんなにきれいに纏まるものなのですね。m(_ _)m


【回答者1】

すみません、慌ててました…申し訳ないです。


【回答者2】

大活躍の回答者1さま
皆様、頼りにしていますよ。
いつもありがとうございます。


【質問者】

すいません、それすら気づきませんでした。


【回答者1】

例は覚える必要はないと思います。
私は、その契約の話の中に入って来れる人かどうかが
第三者だと認識しています。

暫くは背信的悪意者は第三者ではないとわかっていませんでした。
よく考えると無権利者ですからね。

偉そうに聞こえたらごめんなさい。
私、わかっていないことが有りすぎて焦ってますが、
一つずつ解決をしていこうと思ってます。


【質問者】

いや、ありがたきリプライです。
背信的な連中は第三者ではないんですね。
理解できてきました。感謝です。