行政書士試験勉強の魅力

こんにちは!エミリです。
※前回の記事

今日は、前の記事の最後でお知らせしたように、日ごろから思っている
「行政書士試験勉強の魅力」について書いてみます。

行政書士試験を受けようと思ったきっかけなのですが、
「日常に役立つ法律を勉強したい」というものでした。

私はとある分野で個人事業主をしており、
日々の生活の中で、法律知識がなくて困る場面が少なからずあること、
また今後法人成りするとしたら、どんなことが必要なのか
人に聞くのではなく、自分で分かるようになりたいなあ…
と思ったのが始まりです。

そこで思いついたのが
「法律系の資格で一番知りたいことを学べる試験を受ける」
ということでした。
なので、最初は行政書士になるという目的はありませんでした(今は目指しています!)。

●司法試験:憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法

●司法書士試験:民法・不動産登記法・商法会社法・商業登記法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・司法書士法・供託法・刑法・憲法

まず、この2つを思い浮かべました。
なぜかというと、まず司法試験は言わずもがな、
あとは学生時代の友人が計二人、それぞれ司法書士事務所を開いており、
イメージとしては「法律系の資格=司法書士」でした
(世界が狭すぎる?)。
しかし、科目数の多さに圧倒され検討リストからすぐに外しました…。

そして辿り着いた行政書士の試験科目

行政書士試験:憲法・行政法・民法・商法会社法

憲法はすべての法律の基礎となるものだし、
民法や行政法は、生活全般や顧客とのトラブル対処に
密接に関連する点が学べそうだし、
会社法は、設立に必要な知識が学べて
自分で手続きができるようになるかも?!

というとっても魅力的なラインナップでしたので、
行政書士試験の勉強をすることで、
法律の知識を取り入れることを決意したのでした。

エミリ
エミリ

佐藤先生の動画でも、度々触れられていますが、
例えば、こんな場面でも、法律の知識があると
違う見方ができるかもしれません。
(特定の見解を推すものではありません)

PTA そりゃいかん 詐欺、錯誤取消、不法行為 民法を知ると問題点がよくわかる。
ノート 記述予想 民法書けるようにすべきポイントまとめ後編  ノート 記述予想 民法書けるようにすべきポイントまとめ前編民法は何を書かされるか予想が難しいです。ずばり当てるのはかなり難しいですが、この辺は書けるように


行政書士になる人だけが行政書士試験の勉強をするのではなく、
もっともっと色々な目的で、この勉強をしてみていいのかな、と思います。
毎日の生活ために必要な法律の知識がとても効率よく学べる、
行政書士試験の勉強の範囲は、とってもお勧めです。


誰でもよく分かるように、
法律の知識をやさしく教えている動画リストです。

次は、独学の勉強で必要なあの情報をお伝えする予定です♪
お読みいただきありがとうございました!