行政手続法23条

【参考】行政手続法23条

第二十三条 主宰者は、当事者の全部若しくは一部が正当な理由なく聴聞の期日に出頭せず、かつ、第二十一条第一項に規定する陳述書若しくは証拠書類等を提出しない場合、又は参加人の全部若しくは一部が聴聞の期日に出頭しない場合には、これらの者に対し改めて意見を述べ、及び証拠書類等を提出する機会を与えることなく、聴聞を終結することができる。
 主宰者は、前項に規定する場合のほか、当事者の全部又は一部が聴聞の期日に出頭せず、かつ、第二十一条第一項に規定する陳述書又は証拠書類等を提出しない場合において、これらの者の聴聞の期日への出頭が相当期間引き続き見込めないときは、これらの者に対し、期限を定めて陳述書及び証拠書類等の提出を求め、当該期限が到来したときに聴聞を終結することとすることができる。


【質問】
みなさんお疲れ様です。
行政手続法の条文の読み込みをしていたら、疑問に思ったのですが23条1項と2項を見てて思ったのですが1項と2項は同じ事を言っているような気がするのですが違いを教えて下さい。
初歩的な質問ですいません!


【回答】
ネット情報で恐縮ですが、全く同じ質問をウェブ上に見つけました。

1項は「出頭しないとき」←当事者又は参加人の意思による欠席の場合=主宰者の判断で聴聞手続きを終了できる。

2項は「出頭できないとき」←仕方なく出席できなくなってしまった時=主催者は当事者又は参加人に「出したくても出せなかった書類」の提出を求めたのち、期限が到来したら聴聞手続きを終了できる。

ということでした。