学習の停滞期を乗り越えよう!

悩む男性

にこです。
※前回までの記事

本日のお題は
「学習の停滞期を乗り越えよう!」です。

皆さんは、学習をしている中で、壁にぶちあたっていませんか?
こんなに学習しているのに問題が解けない、
伸び悩んでいる、手ごたえを感じない、模試で点数が取れない等々、
学習をしていると、こうした壁にぶつかることが多々あることでしょう。

この停滞期はプラトーと呼ばれ、
どんなに頭が良い人でも訪れるものだといいます。

プラトー(停滞期)にぶつかることは決してマイナスではなく、
成績がアップする前兆なのです。

しかし、プラトー(停滞期)の存在を知らないと自分には才能がない、
能力の限界、何をやってもムダと短絡的に判断してしまい、
途中で諦めてしまうのです。

かく言う私も諦めかけた一人なので、
このプラトー(停滞期)をどのように乗り越えたかをお伝えします。

まず、自分がプラトー(停滞期)にいることを認識する。


人間ラクな方に流れるものなので、
やめる言い訳ばかり考えたくなりますが、学習を続ける
私は、基礎固めとして復習をやりました。

他には、自分がやっていなかった分野、例えば会社法を始めてみる、

あとは、勉強場所を変えてみる等も良いと思います。

自分で工夫しながら、学習を続けることが重要です。

あとはオンライン自習室で相談してみるのも良いと思います。


このプラトー(停滞期)になるといつまで続くかわからず、
永遠に続くような気がしてしまいますが、
必ずプラトー(停滞期)は終わります。

なのでプラトー(停滞期)が来たら、あせることなく、
「プラトー(停滞期)がきたぞ。この後は、必ず成績が上がる前兆だな」
と思ってこの時期を乗り越えていきましょう。