地方自治(条例制定)

肢別20:P128⑬

H2-22-5、H5-26-4、H8-21-3
※著作権上の都合により掲載いたしません。


【質問】
お疲れ様です。教えていただけますか?
肢別128ページ13について、いつも惑わされてしまいます。
問題文にある『国会の議決だけでは制定できず』とありますが、そもそも95条には、住民の過半数の同意。しかありません。
問題文みると、『国会の議決だけでは』とあるので、あたかも要件の1つとも考える事できますよね?
だとしたならば、答えは✕になってもおかしくないとも思いますが、そこは疑問に思いませんか?
また疑問に思わないようにするならば、どう考えて問題を解けばよいですか?
よろしくお願いいたします。


【回答】
e-govより
第九十五条 一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

法案可決→住民投票→過半数の同意→施行
という流れだと思います。


【質問】
早速の回答ありがとうございます!
質問に言葉足らずでした。
問題文『国会の議決だけでは』と問題文にあるので、あたかも要件が2つある。と読み取れませんか?『だけでは』というのが『足りず』だとしたなら、すぐに誤りの肢だとわかりますが

あっ、わかりました!
条文に書いてないけど、ここまでくるのに、すでに議決を経てるって事ですよね!