行政裁量(剣道実技拒否事件)

最判H8.3.8(剣道実技拒否事件)

【事案】
剣道が保健体育の必修科目とされている神戸市立工業高等専門学校に、平成2年4月に入学したXは「エホバの証人」であり、剣道実技への参加は宗教的信条と相容れないとして代替措置を申し入れたが、Y(校長)は代替措置をとらなかった。
Xは、剣道の授業において講義や準備運動には参加したが実技には参加せずに正座して見学し、授業後に剣道に関するレポートの提出を試みたが拒否された。
Xは体育の成績を認定されずYによる原級留置処分がなされ、次年度も同様の状況のために再び原級留置処分がなされ、それをもとにYは退学処分をおこなった。

【判旨】
高等専門学校の校長が学生に対し原級留置処分又は退学処分を行うかどうかの判断は、校長の合理的な教育裁量にゆだねられるべきものであり、裁判所がその処分の適否を審査するに当たっては、校長と同一の立場に立って当該処分をすべきであったかどうか等について判断し、その結果と当該処分とを比較してその適否、軽量等を論ずべきものではなく、校長の裁量権の行使としての処分が、全く事実の基礎を欠くか又は社会観念上著しく妥当を欠き、裁量権の範囲を超え又は裁量権を濫用してされたと認められる場合に限り、違法である」が、退学処分の「要件の認定につき他の処分の選択に比較して特に慎重な配慮を要するものである。」「また、・・・原級留置処分が2回連続してされることにより退学処分にもつながるものであるから、その学生に与える不利益の大きさに照らして、原級留置処分の決定に当たっても、同様に慎重な配慮が要求されるものというべきである。」
「信仰上の理由による剣道実技の履修拒否を、正当な理由のない履修拒否と区別することなく、代替措置が不可能というわけでもないのに、代替措置について何ら検討することもなく、体育科目を不認定とした担当教員らの評価を受けて、原級留置処分をし、さらに、不認定の主たる理由及び全体成績について勘案することなく、2年続けて原級留置となったため進級等規程及び退学内規に従って学則にいう『学力劣等で成業の見込みがないと認められる者』に当たるとし、退学処分をしたという上告人の措置は、考慮すべき事項を考慮しておらず、又は考慮された事実に対する評価が明白に合理性を欠き、その結果、社会観念上著しく妥当を欠く処分をしたものと表するほかはなく、本権各処分は、裁量権の範囲を超える違法なものといわざるを得ない。」

この判例に対して、本試験で過去に出題されています。

H24-26-5・H28-9-2
公立高等専門学校の校長は、学習態度や試験成績に関する評価などを総合的に考慮し、校長に委ねられた教育上の合理的な裁量に基づいて、必修科目を履修しない学生に対し原級留置処分または退学処分を行うかどうかを判断する。→ ◯

R1-26-ア
公立高等専門学校の校長が学生に対し原級留置処分または退学処分を行うかどうかの判断は、校長の合理的な教育的裁量にゆだねられるべきものであり、裁判所がその処分の適否を審査するに当たっては、校長と同一の立場に立って当該処分をすべきであったかどうか等について判断し、その結果と当該処分とを比較してその適否、軽重等を論ずべきである。 → ✕

【質問】
同じ判例ですが、何が違うのかわかりません。どうして二つの肢になっているのでしょうか? 

【回答】
これは、校長に合理的な裁量を認めた事件です。なので、校長の裁量で原級留置か退学の処分の裁量が求められます。ということは、(R1-26-ア)のように、裁判所は「校長と同一の立場に立って判断する」のではなく、校長の裁量がおかしくなかったかどうかを裁判所は判断するべきであると判示していることになります。



※1つの判例が角度を変えて繰り返し出題されることもあります。
 重要判例については、よく読みこむことを心がけることをオススメします。