宝塚市パチンコ条例事件(最判H14.7.9)

【質問】
宝塚市パチンコ条例事件 平成14/7/9判例ですが、判決の意味がさっぱりわかりません。
どなたか、要点だけでも教えていただけますでしょうか
市がパチンコ業界に忖度した訳ではないのですよね?変な聞き方ですが。。
重要な判例であるはずなのにまったく意味がわからないです。

【回答】
要約すると
・行政事件訴訟はそもそも私人が行政を訴えるためにある
・行政が私人(パチンコ屋)を訴えることは想定されていない
・でも一定の場合には行政の側から私人を訴える方法として行政事件訴訟を使うことは許される。
・今回はその要件で許される。
・行政事件訴訟を起こすには要件がいくつもあり、そのどれも満たさないと出訴できないのが原則。
・今回の事件は、「行政権の主体が国民へ義務の履行を求める訴訟は法律上の争訟にあたらない」
・よって訴えを認めない。

こんな感じに理解しました。